無収入で返済能力がない場合

 会社員時代に複数の金融機関から借金をして、事情により無職になり借金の返済がむずかしくなったため、借金を一本化したい。
 そのようなときはどうすればいいのでしょう。無職でもおまとめローンは使えるのか、それとも他の手段を考えるべきなのでしょうか。

 

 債務を一本化して、自力返済を望む気持ちはわかりますが、無職の方の場合は、どうやって一本化するかを考える前に、自力返済するか、自力返済を諦めて、法的な処理に頼るかの選択をする必要があります。

 

アルバイトやパートでもいいので職に就く

 「無職はおまとめローンの審査に通らない」これは確実ですので、無職である場合にはどうにかして職に就く必要があります。
 アルバイトでもパートでもとにかく仕事に就くことが最初のステップになります。

 

 もちろん就職したからといって、すぐにおまとめローンの審査に通るわけではありません。
 就職先が公務員のような安定した職場であれば、勤続年数が短くても審査に通ることがありますが、アルバイトの場合は、1年近くは審査に通らないこともあります。

 

 とはいえ収入を得なければ借金は減りません。
 借金の一本化の前に無職ではそもそも借金の返済すら難しいため、なにはともあれ借金があり、一括返済できないのであれば、仕事に就くことを再優先に進めてください。

 

弁護士に相談する

 仕事に就いても、おまとめローンを利用することはできないケースがほとんどです。
 そのような場合は、まずは弁護士に相談しましょう。このときに職に就いていることが大きなプラスになります。

 

 無職では返済能力がゼロとなるため、弁護士が対応できることが限られてしまいます。
 返済計画が立てられないため、自己破産以外に選択肢がなくなるのですが、自己破産をしてもその後の生活が必要になりますので、就職は必要になります。

 

 仕事にさえ就いていれば、任意整理を行える可能性も出てきます。
 任意整理とは、弁護士などの代理人を通して、返済可能な範囲で借金の利息や返済期間などを債権者と交渉する方法です。
 任意整理に成功すれば、借金は減額されるものの、全額免除になるわけではないので、返済能力が問われます。
 借金返済のためにも、自分の生活のためにも、まずは仕事に就き、そのあとに弁護士に相談するようにしてください。

 

「無職でもおまとめローンできます」に騙されない

 「無職でもおまとめローンできます」はほぼ間違いなく悪徳業者による詐欺です。
 もしお金を借りることができても法外な金利のヤミ金からの借金になるか、「保証金」や「手付金」という名目でお金を騙し取られることになります。

 

 どんな親切な会社でも返す当てのない人に対して、高額なお金を貸してくれるわけがありません。
 騙すほうは騙しのプロですから、巧みな話術で誘ってきます。それを聞くと千載一遇のチャンスと思いこみ「無職でもおまとめローンできます」に騙されてしまいます。

 

 世の中にそんなおいしい話はありませんし、借りることができても返す当てがないという現実にきちんと向き合うようにしてください。
 働かなければ借金を返すことができませんし、生活をしていくこともできません。
 きちんとした生活を取り戻して、働いて得たお金で借金を返していくようにしてください。
 そして、弁護士に相談することで、まずは借金返済で八方塞がりの状態からの脱出を目指しましょう。

関連ページ

借金の一本化と、自己破産、支払いが苦しいならどっちがいい?
キャッシング業者は、借金一本化を勧め、弁護士や司法書士などは自己破産等の債務整理をすすめるというのが、お互いの立場からの説明です。今回は中立的な立場からどちらがよいのかという点に解説してみます。
借金一本化後の追加借入は可能?返済しながら新規で借入したい場合
おまとめローンして、借金は減っていってるけど、返済で精一杯、生活費が苦しい。そういう場合は、新たに借入したいですよね。金融機関での借金一本化後に新規で追加融資を受けることはできるのでしょうか?
借金一本化を狙う詐欺に注意!悪徳業者に騙されないために
おまとめローンを希望する多重債務者を狙った詐欺や犯罪が後を絶ちません。というのも、借金返済に必死な人は、借金をなんとかしたい余り、甘い話に乗ってしまいがちだからです。詐欺や犯罪に巻き込まれないための知識をまとめました。