詐欺業者がおまとめローンを狙ってくる

 借金の一本化は借金返済のためにとても有効的な手段になるのですが、実は思わぬトラブルが潜んでいます。
 それは悪徳業者の存在です。悪徳業者に引っかかってしまったため、借金の一本化をできるはずが、返済どころか借金が増えていくことがあります。

 

 ここでは借金の一本化をすすめるために、悪徳業者に騙されないためのポイントについて紹介します。

 

クレジットカードの現金化を行う悪徳業者

 借金の一本化でよくあるケースが「クレジットカードの現金化」になります。おまとめローンという名目で借金で困っている人を呼び込み、クレジットカードを現金化させる業者によるトラブルが相次いでいます。

 

 クレジットカードの現金化とは、クレジットカードで商品を購入させ、その商品を購入金額よりも安い金額で買い取りをするというシステムです。
 簡単に現金を手に入れることができるため、借金をした人の多くが手を出してしまいます。

 

 クレジットカードの現金化は完全に違法というわけではありませんので、そのことに問題があるというよりも、クレジットカードの現金化では借金の返済は損をすることがほとんどだということを覚えておきましょう。

 

 クレジットカードを使用して100万円の商品を購入し、90万円で買取してもらうことで90万円の現金をてにいれることができます。
 90万円で借金を返済すれば、あとは商品代を返済することになります。

 

 ところが一括で返済できない状態なのは変わりませんので、分割払いかリボ払いをすることになります。
 この場合の金利は10%?15%になり、かなりの高金利での返済になります。最初に現金化してた時点で損をしている上に高金利ですので、返済総額が大幅に増えることになります。

 

 「クレジットカードの現金化」で借金の一本化を勧めてくる業者はほぼ間違いなく悪徳業者ですので、関わらないように注意してください。

 

有名企業の関連会社を名乗る業者は悪徳業者

 おまとめローンの悪徳業者は、誰もが知っている金融機関の関連会社を名乗っていることが多く、そのことで安心した人が利用するケースが目立っています。

 

 手口としては、低金利で高額な貸出を提示してくるのですが、「保証金」や「手付金」という名目で、契約前に支払いを要求されるのです。
 貸出をしてもらえることを期待してしまいますので、支払ってしまうのですが、何度か支払いをしているうちに連絡が取れなくなり、詐欺だと気づくことになります。

 

 大手金融機関の関連会社が、いきなり低金利でお金を貸してくれるようなことはありません。「◯◯銀行の関連会社です」と名乗り、融資を提案された場合は悪徳業者の可能性が高くなりますので、注意してください。

 

借金の一本化は周りの人に相談する

 借金の返済に追われると周りが見えなくなってしまい、普通は引っかからないような、簡単な詐欺に引っかかってしまう傾向にあります。

 

 そんなときに「借金の一本化」を提案されると、それがどれだけ怪しくても「救いの手」に思えて、疑うことなく提案に乗ってしまうのです。

 

 借金の一本化をすすめてくる業者がいたとしても、自分ではなかなか冷静に正しい判断できません。できるだけ家族や友人などに相談して、冷静な意見をしてもらうようにしてください。

 

 また借金の返済に「うまい話はない」ということを、頭に入れておくことも大切になります。

 

関連ページ

借金の一本化と、自己破産、支払いが苦しいならどっちがいい?
キャッシング業者は、借金一本化を勧め、弁護士や司法書士などは自己破産等の債務整理をすすめるというのが、お互いの立場からの説明です。今回は中立的な立場からどちらがよいのかという点に解説してみます。
無職の人が借金一本化したい場合どうすればいい?
おまとめローンで借金一本化したいけど、現在無職で収入の見込みが立たない・・・。そんな場合どうすればよいでしょうか?
借金一本化後の追加借入は可能?返済しながら新規で借入したい場合
おまとめローンして、借金は減っていってるけど、返済で精一杯、生活費が苦しい。そういう場合は、新たに借入したいですよね。金融機関での借金一本化後に新規で追加融資を受けることはできるのでしょうか?