おまとめローン後に追加融資を受けたいなら

 おまとめローンなどで借金の一本化を行った後に、またお金が必要になって追加借入をしたいのだけれどもそんなことできるのでしょうか?
 確かに、返済中は生活費を圧迫しますから、光熱費や携帯代、教育費、食費などを圧迫する場合があります。
 おまとめローンをした後に追加の借入をしたときにどのようなことになるのか紹介します。

 

消費者金融系のおまとめローンは追加借入ができることも

 消費者金融系のおまとめローンは、ある一定額の返済を行った場合、利用可能枠の範囲で追加の借入が可能になることがあります。
 300万円借りているところ100万円を返済済みなら、一定額までの借入が可能になります。

 

 ただし、追加借入は総量規制に引っかかる可能性があることも忘れてはいけません。
 年収300万円である場合は、総量規制である年収の1/3、100万円以上のお金を借りることはできません。
 すでにおまとめローンで100万円以上借りている場合は、追加借入はNGになります。

 

 このとき、おまとめローンの返済残高が80万円であれば20万円以内であれば借入可能ということになります。
 ただし、あくまでも目安だということを覚えておきましょう。おまとめローンの返済中に延滞した履歴があるような場合は、追加借入できなくなるケースもあります。

 

銀行のカードローンから借りることはできます

 総量規制に引っかかるということが理由で消費者金融系のおまとめローンから追加借入ができない人も、銀行のカードローンは総量規制の対象外であるため、目先で数十万円必要になったようなときは使用することができます。

 

 ただし、すでに総量規制に引っかかっているわけですから、安易なカードローンは非情に危険です。
 確実に返すことができる当てがない場合は借りることができるとはいえ、できるだけカードローンからの借入は避けるべきです。
 借りられるからといって自由に借りていたのでは、結局返済に苦しむことになります。

 

 総量規制に引っかかる借金があり、それをおまとめローンしたにもかかわらず、さらにカードローンが必要という状態は、財政事情としては完全に赤信号が灯されている状態です。
 軽い気持ちで借金を増やさないように気をつけてください。

 

フリーローンによる借金の一本化の場合は追加借入可能

 銀行のおまとめローンは返済専用になり、追加借入はできません。
 ただし、このおまとめローンは名目上おまとめローンとなっているだけで、実はフリーローンだったというようなことがあります。
 この場合は総量規制の範囲内で追加借入可能です。

 

 とはいえフリーローンの審査はかなり厳しいため、「借りられる可能性がある」くらいに考えてきましょう。

 

 どこからどのような形でおまとめローンを借入しているかで、借金の一本化後の追加借入の可否は変わってきます。
 どうしても借入が必要な場合は、まずはおまとめローンをしてくれた金融機関に相談してみましょう。

 

おまとめローンの一括返済を求められることがある

 おまとめローンの契約内容にもよるのですが、一部の金融機関ではおまとめローン完済前に他社でお金を借りた場合は、全額返済を求められることがあります。

 

 これはおまとめローンが「借入残高を減らす」ために存在するためです。
 借入残高を減らすために特別に用意されたプランに対して、借入残高を増やす行為となる追加借入は契約違反となってしまいます。

 

 言わなければバレないと思っているかもしれませんが、金融機関は定期的に信用情報機関での照会を行っているため、他社での借入も100%バレてしまいますので、注意してください。

関連ページ

借金の一本化と、自己破産、支払いが苦しいならどっちがいい?
キャッシング業者は、借金一本化を勧め、弁護士や司法書士などは自己破産等の債務整理をすすめるというのが、お互いの立場からの説明です。今回は中立的な立場からどちらがよいのかという点に解説してみます。
無職の人が借金一本化したい場合どうすればいい?
おまとめローンで借金一本化したいけど、現在無職で収入の見込みが立たない・・・。そんな場合どうすればよいでしょうか?
借金一本化を狙う詐欺に注意!悪徳業者に騙されないために
おまとめローンを希望する多重債務者を狙った詐欺や犯罪が後を絶ちません。というのも、借金返済に必死な人は、借金をなんとかしたい余り、甘い話に乗ってしまいがちだからです。詐欺や犯罪に巻き込まれないための知識をまとめました。