東京スター銀行カードローンの基本情報

 みずほ銀行で借金一本化検討している人向けの基本的な情報についてまとめました。
 みずほ銀行は、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行と並ぶ3大メガバンクの一つです。
 他のメガバンクの違いですが、宝くじを挙げないわけにはいきません。
 旧勧銀時代から宝くじの発行と販売を受託しています。
 大手銀行の中ではいち早く、ポイントプログラムである「みずほマイレージプログラム」を開始しました。取引によって様々な優遇措置があるプログラムで、富裕層の顧客向けにはさらに優遇内容が充実した「みずほプレミアムクラブ」もあります。

 

 みずほ銀行の口座を持っていで住宅ローンを利用している人は、おまとめするのにおススメです

 

金利が低く、限度額が多いのが特徴

 みずほ銀行のカードローンは、低金利で限度額が多いことでも有名です。
 「みずほ銀行カードローン」の金利は、エグゼクティブプランで年3.5%〜7.5%、コンフォートプランでも年4%〜14.5%となります。
 限度額は両方とも1000万円ですが、住宅ローン利用者はここからさらに金利が0.5%引き下げられますので、借金一本化にはもってこいでしょう。

 

 また、専業主婦でも申し込めるのは大きなメリットです。
 貸金業法の改正によって、主婦の借入は厳しいものとなっている状況で、専業主婦でも借りられるみずほ銀行は貴重な存在です。

 

 そして、みずほ銀行の口座を持っている方でしたら最短でその日のうちに利用が可能です。
 しかも来店も郵送もいりませんし、お手持ちのキャッシュカードをローンカードとしても使っていただけますので、すぐに借金を一本化したい方にも十分に使っていただけるカードローンです。

 

銀行口座を持っていないと、融資実行までが遅い

 デメリットですが、みずほ銀行には、おまとめや借り換え専用のローンがないことです。
 しかし、「みずほ銀行カードローン」はそれに匹敵する低金利と多い限度額を誇りますので、大きなデメリットとはなりません。

 

 みずほ銀行の口座を持っていれば即日借金一本化も可能ですが、持っていないと口座開設手続きをしなければなりません。
 ホームページから口座開設を申し込むと2週間から3週間はかかるため、店舗に直接出向いたほうがよりスピーディーです。
 そのため、店舗が近くにないという方には、みずほ銀行は不向きかもしれません。

 

 みずほ銀行カードローンには、キャッシュカードと兼用するタイプとカードローン専用のタイプがありますが、前者よりも後者の方が時間がかかりませんので、お急ぎの方はキャッシュカード兼用型がいいでしょう。

 

 専業主婦は申し込みが可能なものの限度額が大幅に制限されますので、多額のおまとめや借金一本化は厳しいかもしれません。
 本命の借金一本化の前の「件数減らし」としては有効かもしれません。

 

 Web完結申し込みと郵送は、口座を持っている人しか利用できませんので、申し込みでこのいずれかを考えているのであればあらかじめ口座開設しておくのがいいでしょう。
 そして、みずほ銀行カードローンのホームページには他のメガバンクと異なり「お試し審査」がありませんので、申し込みの際には慎重を期すようにしましょう。

関連ページ

イオン銀行
イオン銀行でおまとめをするなら低金利のカードローンBIGがおすすめ。多額の債務一本化に向いています。イオン銀行カードローンで借金一本化する際、どういう人が向いているのか、詳しく解説します。
オリックス銀行
オリックス銀行で借金一本化検討している人向けの基本的な情報についてまとめました。 おまとめローン専用商品はないものの、限度額が800万円と業界最高水準で、300万円まで収入証明不要と、審査手続きも簡単なのが特徴です。
東京スター銀行
東京スター銀行で借金一本化検討している人向けの基本的な情報についてまとめました。おまとめローンと言えば東京スター銀行といえるくらい評判が高い金融機関です。債務一本化のための商品も豊富で、候補のひとつに入れたい銀行だと言えます。
三井住友銀行
三井住友銀行で借金一本化検討している人向けの基本的な情報についてまとめました。おまとめローンという商品はないものの、借入上限は800万、最低金利4%と、おまとめに適しています。口座がなくても利用可能で、おまとめローンに活用したい銀行のひとつです。