4件以上の借入がある方へ

 ここでは件数別の借金一本化方法についてまとめました。
 おまとめローン審査は、2件、3件と借入件数が少ないほうが通りやすくなりますが、現実問題として、一本化を検討する殆どの人が、4件、5件、6件以上の債務を抱えており、個人的な借金や奨学金、教育ローンなどの融資を受けていることもあります。

 

 自力返済を考えるか、債務整理による借金の法的整理を検討するかという問題はありますが、まずは、おまとめローンでの借金一本化による自力返済の方法を主に紹介したいと思います。

件数別、借金一本化の方法について記事一覧

 複数の金融機関からの借金を一本化したい。 そんなとき重要になるのが借入をしている金融機関の数になります。  3件程度であれば、おまとめローンの想定の範囲内になるため、それほど難しく考える必要はありません。 ここでは3件の借金を一本化するためのポイントについて紹介します。3件の借金は金利の低い銀行のおまとめローンで一本化しよう 3件の借金で、なおかつ借金総額が200万円以内であれば、借金の一本化で...

 借入件数が4件ある場合は、すでに黄色信号が灯っています。 一本化に失敗すると、取り返しの付かない方向に転がってしまう可能性がありますので、借金の一本化は慎重に行わなくてはいけません。とはいえ必要以上に怖がる必要はありません。 ここでは4件の借入を一本化するためのポイントについて紹介します。収入証明書の必要のない範囲で借金をまとめる 銀行系のおまとめローンの多くが、実際は使用用途を問わないとするフ...

 一本化したい借金の借入が5件もあるような場合は、人によってはすでに一本化が無理になっている可能性があります。 とはいえ一本化が絶対にできない件数でもありません。どのような条件であれば5件の借入を一本化出来るのか。 ここでは5件の借金を一本化する方法について紹介します。5件の借入がある場合は増額により借入数を減らすこと 金融機関から5件の借入がある場合は、とにかくまずは借入数を減らすことが再優先の...

 借入が6件にもなっているようなとき、それは借金の状態としては完全に赤信号です。 金融機関としても貸し倒れされる可能性がとても高くなるため、おまとめローンもカードローンも審査の段階でNGとされる可能性が高くなります。 そんな6件の借入を一本化するための方法は本当にないのでしょうか。 ここでは6件の借入を一本化するための方法について紹介します。大手金融機関でのおまとめを諦めて中小の金融機関に依頼する...