3件の借入を一本化

 複数の金融機関からの借金を一本化したい。
 そんなとき重要になるのが借入をしている金融機関の数になります。 
 3件程度であれば、おまとめローンの想定の範囲内になるため、それほど難しく考える必要はありません。

 

 ここでは3件の借金を一本化するためのポイントについて紹介します。

 

3件の借金は金利の低い銀行のおまとめローンで一本化しよう

 3件の借金で、なおかつ借金総額が200万円以内であれば、借金の一本化で悩む必要はほとんどありません。
 もし正社員として安定した収入と実績があるようなら、まず最初に、できるだけ低金利の銀行系のおまとめローンの審査から始めてください。

 

 金利は金融機関ごとに違い、借入金額によっても変わってきます。
 まず一本化したい借金の総額を確認し、その借金総額に対する銀行のおまとめローンの金利を調べてください。

 

 もしすでに借入している金融機関の金利のほうが、銀行系のおまとめローンの金利よりも低いようであれば、借金の一本化に新規の借入ではなく、すでに借入している金融機関から増額してもらえないか検討しましょう。

 

 その場合はまず、すでに借入している金融機関の担当者に相談してください。

 

低金利のおまとめローンの審査に落ちたら

 借入件数が3件であれば、多くの人が低金利のおまとめローンを利用できる状態ですが、それでも絶対に大丈夫なわけではありません。
 収入が少ない場合や、過去の返済で滞納がある場合は、借入件数が少なくても審査に落ちることもあります。

 

 もし低金利のおまとめローンの審査に落ちた場合は、多少金利が高くても審査に通りやすいカードローンを利用してください。
 申し込みブラックにならないためにも、2社目は審査落ちするわけにはいきませんので、そのときは2社目の審査に銀行系のおまとめローンではなく、審査の通りやすい消費者金融系のおまとめローンや融資などを利用することも検討しましょう。

 

借入件数をこれ以上増やさないこと

 借金の借入数が3件程度であれば、まだ多重債務の一歩手前ですが、ここから借入が1件増えるだけで一気に状況が変わります。

 

 借入件数が4件以上になると借入件数が多いことが査定のマイナス評価につながります。
 3件というのは「多すぎる」と判断される一歩手前です。ですので、3件の借入は借金を簡単に一本化をするためのラストチャンスと考えてください。

 

 もちろん借入件数が4件になったら、審査に絶対通らないといわけではありません。
 4件でも5件でも安定した収入があればおまとめローンの審査には通る可能性があります。ただし、審査が厳しくなるのは間違いないので、借入件数はこれ以上増えないように注意してください。

関連ページ

4社からの借金を一本化
4件の金融機関からの借入があると、おまとめローン審査はやや厳しくなります。まずは4社すべてを1本にまとめるのではなく、とにかく件数を少しでも減らすという方向ですすめましょう。
5社からの借金を一本化
5件の金融機関からお金を借りている場合、すでにおまとめローンは苦しい状況にあります。なので、新たにおまとめローンを融資先を探すよりも、既存の借入先に、融資の増額希望を依頼しましょう。そうすることで返済は少しでも楽になります。
6社からの借金を一本化
6社の金融機関からお金を借りている場合、新規でおまとめローンの契約というのは、大手の場合はほぼ不可能です。借り換えの可能性を地元中小の消費者金融まで広げてみましょう。