5件の借入を一本化

 一本化したい借金の借入が5件もあるような場合は、人によってはすでに一本化が無理になっている可能性があります。
 とはいえ一本化が絶対にできない件数でもありません。どのような条件であれば5件の借入を一本化出来るのか。

 

 ここでは5件の借金を一本化する方法について紹介します。

 

5件の借入がある場合は増額により借入数を減らすこと

 金融機関から5件の借入がある場合は、とにかくまずは借入数を減らすことが再優先の課題になります。
 借入総額も重要ですが、それよりもまず3件もしくは4件まで借入数を減らしてください。

 

 最も簡単な借入数を減らす方法は、すでに借入している金融機関に借金の増額を依頼することです。
 できることならば金利が低い金融機関を選びたいところですが、この段階ではそんな贅沢なことはいってられません。

 

 最終的には金利を引き下げることができるため、この段階では借りられる場所から借りられるだけ借りてください。

 

 そして借入金額の低い借金の返済に当ててください。
 おそらく1件か2件は返済可能なはずです。こうなると状況は一気に好転することになります。

 

 まずは借入数を3件にまで減らすことを目標にしましょう。

 

増額しても減らない場合は1社だけ前倒しでの返済を進める

 増額しても1社も返済が減らないような場合は、まず増額により1社だけ返済額を減らし、そこから日々の返済も1社だけ前倒しの多めの返済をするようにしてください。

 

 そのまま5社平等に返し続けるよりも、1社だけでも早く返済することが1本化への近道になります。
 もちろん他の4社も滞納することなく返済する必要があります。そのうえで返しやすい借金から返していくことが、借金返済の基本になります。

 

 とにかく数が減らないことには返済の目処が立ちませんので、1社だけ優先して完済できるように返済計画を立ててください。

 

増額ができない場合は債務整理も考える

 借入数が多いだけで返済そのものが苦しい訳でなければ、手間はかかりますがおまとめを諦めるというのもひとつの選択肢です。
 借入件数が多いこと自体は決してほめられることではありませんが、絶対に一本化しなくてはいけないという状況でもありません。

 

 借入金額も多くて、まとめないことには返済ができないというような場合は、増額で対応ということになりますが、過去に滞納などをしていると増額に応じてくれないこともあります。

 

 トップページでも紹介しましたが、返済能力が限界を超えている場合は、債務整理も頭に入れておくようにしましょう。まだ完済の可能性がある段階でも、債務整理の検討をすることで、精神的にも余裕が出てきます。
 返済不能になってから考え始めると、すべてが後手後手になってしいまします。

 

 5件からの借り入れがあり、それをまとめることも返済することも難しいかもしれないと感じたときは、すぐに借金返済のプロである、弁護士や司法書士に相談してください。

関連ページ

3社からの借金を一本化
3件の金融機関からの借入であれば、年収にもよりますが、おまとめローン審査は通りやすくなります。まずは、銀行系金融機関のローンに申し込んでなるべく返済利息を減らしていくことを考えましょう。
4社からの借金を一本化
4件の金融機関からの借入があると、おまとめローン審査はやや厳しくなります。まずは4社すべてを1本にまとめるのではなく、とにかく件数を少しでも減らすという方向ですすめましょう。
6社からの借金を一本化
6社の金融機関からお金を借りている場合、新規でおまとめローンの契約というのは、大手の場合はほぼ不可能です。借り換えの可能性を地元中小の消費者金融まで広げてみましょう。