借金一本化できるか審査が不安な方へ

 借金一本化を希望しながらも、残念ながらローン審査に通らない人も多数います。
 おまとめローン審査は一般的なカードローン審査よりも難しいと言われています。
 審査が難しいとされる理由をおまとめローンの特徴から3つに分けて説明します。

 

  1. 借入金額が大きいため難しい
  2. 保証人や収入証明が必要な場合が多い
  3. 審査結果がまでに時間がかかる

 

借入金額が大きいため難しい

 おまとめローンの場合は、すでに複数ある借入をひとつにまとめるため、自ずと借入金額が大きくなります。
 借入金額が大きいと、その借入額に見合う分の返済能力、つまり収入が求められます。
 特に新規でおまとめローンの借入先を探す場合は、返済能力をシビアに見られるため審査が難しいと言われます。

 

保証人や収入証明が必要な場合が多い

 おまとめローンの際に収入証明や場合によっては保証人を求められる場合もあります。
 特に収入証明は必須といえます。銀行カードローンの場合、300万以内の借入なら収入証明不要というところもありますが、おまとめローンの場合は例外的に収入証明を求められるケースもあります。
 また、保証人をつけて欲しいと金融機関側から要求され、リクエストに応えられずに、その結果審査を受けることすらできないということもあります。

 

.審査結果がまでに時間がかかる

 融資までのスピードを競うのが昨今のカードローンビジネスですが、おまとめローンの場合は、若干事情が違ってきます。
 申込から即日融資というのはかなり難しくなります。
 先に述べたとおり、収入証明が必要なケースが多く、貸出審査を受けるための書類集めに準備がかかることも多いので、前持った用意が必要になります。

 

私でも審査はとおる?という方のために

 このように、おまとめローンはなかなか審査に通りにくいというのが実態です。
 特に、収入が少ない、経済的な信用が低く審査に自信がないという方は、審査通過が不安でしょう。
 このカテゴリではそういった、借金一本化の審査が不安な方のために、「私は審査に徹の?」といった疑問に応えるようなコンテンツを用意しました。

 

 

 

おまとめローン審査の仕組み。借金一本化できるか不安な方へ記事一覧

 おまとめローンはいくらから借金を一本化できるのだろうか、借入れ件数の上限はあるのか? 結局のところ、自分の借金は一本化できるのか不安ですよね。 いくらから一本化できるかですがこれはローン会社によって異なります。 多くの金融機関では30万円以上というのを採用していますので、基本は30万円以上から一本化できると思ったほうがいいでしょう。 借入金利というのは、借入金額によって上下します。 多くの金額を...

 おまとめローン審査に落ちて借金一本化に失敗する人の特徴をまとめました。 審査に通らない理由は様々ありますが、大きくは3つに分かれます。もし、今から借金一本化を考えているなら、これらに該当しないかどうかチェックしておいてください。借入件数が多すぎる消費者金融で年収の1/3以上借りようとしている債務整理歴がある借入件数が多すぎる  金融機関からの借入件数と借入金額が多すぎればおまとめローン審査には通...

 甘い審査のカードローン会社をを探している人向けの記事になります。 借金一本化を検討するものの、おまとめローン審査に通過する自信がないという人は少なくないでしょう。 おまとめローン審査自体、簡単ではないので、甘いところを探すのは難しいですが、より審査に通りやすい金融機関を探すことは可能です。 基本的に借金を一本化する「おまとめローン」はどうしても審査が厳しくなります。 そもそも多重債務者向けのロー...

 中小の消費者金融で借金一本化を検討する際の注意点についてまとめます。 地元でのサラ金でおまとめローンをするメリットはあるのかどうか? 大手で借金一本化を申し込んだがすべて審査落ちしてしまったら、選択肢に上がるのが中小消費者金融です。 利用したこともない、評判もあまり聞かない消費者金融に申し込むのは不安ですよね。ホームページがショボい口コミが少ないとにかく情報が少ない  いくら返済に困っているから...

 結論から言えば主婦の方でもパートなどをしてる人なら、借金一本化は可能です。 というのも、「おまとめローン」のような借金一本化は、総量規制の対象外になるんですね。 おまとめローンが総量規制対象外になる理由については、借金一本化は何件の借入から可能?のページで解説しましたが、要は貸し手である金融機関側にメリットが大きいため、ルールが適用されないのです。 ただし、パート主婦の人はそもそもの借入枠が小さ...

 ビジネスをしていると資金繰りは頭の痛い問題ですよね。 資金繰りが悪化すると経営に響きますし、中小企業の社長さんは、自分の生活は後回し、家族も犠牲にすることもままならないですよね。 銀行からの融資は上限まで借りてしまっているという方は、ノンバンクのビジネスローンを借りている人もいるでしょう。 銀行の貸出金利に比べて高金利ですし、複数借りていると、返済管理が煩雑になってくるというデメリットもあると思...