事業系ローンのおまとめ

 ビジネスをしていると資金繰りは頭の痛い問題ですよね。
 資金繰りが悪化すると経営に響きますし、中小企業の社長さんは、自分の生活は後回し、家族も犠牲にすることもままならないですよね。

 

 銀行からの融資は上限まで借りてしまっているという方は、ノンバンクのビジネスローンを借りている人もいるでしょう。
 銀行の貸出金利に比べて高金利ですし、複数借りていると、返済管理が煩雑になってくるというデメリットもあると思います。

 

 フリーローンと呼ばれる、いわゆる通常のキャッシングのおまとめは、世間でもよく知られていますが、「ビジネスローンは一本化できるのか?」と疑問に思われる方もいるでしょう。
 この記事では、そんなビジネスローンと事業資金の1本化についてまとめてみました。

 

ビジネスローンは1本化できるが、時間がかかる

 ビジネスローンであっても問題なく一本化は可能です。
 実際にビジネスローンの借入れ件数が多くなったことで、一本化する経営者もたくさんいます。

 

 ただし、一般的なおまとめローンよりも審査は煩雑になります。
 即日審査ということはありませんし、必要な書類が増えることが通常です。
 収入証明書や決算書類、場合によっては担保や保証人を求められる場合もあります。
 審査の日数も長ければ1週間程度は覚悟しておかないといけません。切羽詰まってから金融機関に相談に行く、では回答が出るまでに資金がアウトしてしまうでしょう。

 

事業資金の一本化は一般的な消費者金融では難しい

 ほとんどの消費者金融では貸出条件に「事業性資金は除く」と明記しています。
 基本的に使用目的は自由となっているのですが、例外として企業を運営するために行う借金は対象外にしています。

 

 これは事業性資金と消費者ローンは全く別の物だからなんですね。
 通常の消費者ローンは「年収」と「個人信用情報」だけでしか審査しません。

 

 一方、事業性資金は「決算書」や「申告書」を見ての審査が必要になってくるのです。

 

 ローン会社にとっては審査のポイントがまったく違うので、別物を扱われているんですね。
 なので、消費者金融の中には、一般のフリーローンとは別立てで、事業用ローンを設けているところもあります。

 

 そのため、事業資金の一本化は、ビジネスローン専門の金融業者に任せるのが一番です。
 元々、事業用融資なので、融資上限も大きく、一本化しやすい特徴をもっています。

 

 ビジネスローンを取り扱う業者の中には、違法業者も多く、その選別は必須ですが、ネットからもう申込可能で、来店不要というところもあるので、地方に住む方にも利用しやすくなっています。

 

関連ページ

借金一本化は何件の借入から可能?いくらまでおまとめできる?
借金一本化希望するの場合の借入件数と借入金額についてまとめます。 借り過ぎの場合は、おまとめローンを希望しても返済能力が認められず審査に落ちてしまうこともあります。 何件までの借入、いくらまでの借入なら一本化が可能なのか、件数と金額について解説します。
おまとめローン審査に落ちた!審査通らない理由とは?
ローン審査に落ちる理由は様々ありますが、大きくは3つに分かれます。もしおまとめローンに落ちた場合は、より審査の甘いローンを探すか、債務整理を検討するか、このどちらかを選ぶほかありません。
審査が甘いおまとめローンはどこ?借金一本化に自信がない場合
借金一本化を検討するものの、おまとめローン審査に通過する自信がないという人は少なくないでしょう。おまとめローン審査自体、簡単ではないので、甘いところを探すのは難しいですが、より審査に通りやすい金融機関を探すことは可能です。
地元のサラ金でおまとめローン|中小消費者金融で借金一本化はあり?
中小の消費者金融で借金一本化を検討する際の注意点についてまとめます。 地元でのサラ金でおまとめローンをするメリットはあるのかどうか?その価値はあるのかについての解説です。
主婦でも借金一本化できる?|夫に借金がバレる前になんとかしたい!
借金の件数が多いほど、返済は難しくなり、家族や周囲の人にもバレやすくなります。少しでも借り入れ件数を減らして、うまく処理したいですよね。 専業主婦でもおまとめローンは組めるのでしょうか?