何円、何件まで一本化可能?

いくらまでおまとめできる?

 おまとめローンはいくらから借金を一本化できるのだろうか、借入れ件数の上限はあるのか?
 結局のところ、自分の借金は一本化できるのか不安ですよね。

 

 いくらから一本化できるかですがこれはローン会社によって異なります。
 多くの金融機関では30万円以上というのを採用していますので、基本は30万円以上から一本化できると思ったほうがいいでしょう。

 

 借入金利というのは、借入金額によって上下します。
 多くの金額を借りるほうが、金利は下がります。
 実際に30万円以下となると、一本化して借り換えした場合も、金利は下がらないでしょう。
 なので、実際のところは、金利が下がる金額、例えば50万円程度からの一本化が、メリットが大きくなるわけです。

 

 また、借入れ上限についてもローン会社によって異なります。
 限度は1,000万円以下が多いです。

 

 「総量規制があるので1本化できないかも?」と不安になる方もいるかもしれません。
 消費者金融からのの借入れは、この規制によって上限は年収の3分の1までとなっています。
 ですが、銀行のカードローンを利用して、借金一本化をするという場合はその対象外になります。

 

 おまとめローンが総量規制対象外になる理由は、簡単に言うと、「銀行側にメリットがある」からです。
 おまとめローンを組むことによって、債務者の借入利息が下がり、返済しやすくなります。
 このように、借金の焦げ付きを防ぎ、貸し手側にメリットがあると判断される場合には、総量規制のルールが適用されない場合があることを覚えておきましょう。

 

5件以上の借入は審査落ちする可能性が高い

円マーク

 借入れ件数に関しては、何件以上は審査対象外いった決まりはありません。

 

 ただし、あまり多すぎると審査に通りづらくなります。多すぎるというのは、4件以上です。
 借入れ件数が多いということは、返済実績がないため、1つのローン会社で増枠をしてもらえていないと見なされてしまいます。

 

 また、5件以上別の業者から借りようとすると、どうしても中小の金融業者から借りないと借りれません。
 大手金融機関は3件以上は貸してくれないからです。
 そうなると、「街金からもつまんでいる」とみなされて、心象を悪くされる場合もあります。

 

 ちなみに、金融庁では多重債務者の定義を5件以上としています。
 ですが、ローン会社の現場では、4件以上だと多重債務者だと判断することもあります。

 

 多重債務者と判断されると借金を借金で返済していると見なされ、返済能力がないと判断される可能性があります。

 

 ですから、借入れ件数が4件以上ある場合は、審査落ちする可能性があることも承知しておきましょう。
 その場合、任意整理などで、借金を圧縮させることも可能

 

 借金一本化を目的とした借入なので、おまとめローンの申込者が、複数社から借りているというのは、金融機関側も承知していますが、あまり件数が多すぎると、審査に通りにくくなるという点は抑えておいてください。

 

 

関連ページ

おまとめローン審査に落ちた!審査通らない理由とは?
ローン審査に落ちる理由は様々ありますが、大きくは3つに分かれます。もしおまとめローンに落ちた場合は、より審査の甘いローンを探すか、債務整理を検討するか、このどちらかを選ぶほかありません。
審査が甘いおまとめローンはどこ?借金一本化に自信がない場合
借金一本化を検討するものの、おまとめローン審査に通過する自信がないという人は少なくないでしょう。おまとめローン審査自体、簡単ではないので、甘いところを探すのは難しいですが、より審査に通りやすい金融機関を探すことは可能です。
地元のサラ金でおまとめローン|中小消費者金融で借金一本化はあり?
中小の消費者金融で借金一本化を検討する際の注意点についてまとめます。 地元でのサラ金でおまとめローンをするメリットはあるのかどうか?その価値はあるのかについての解説です。
主婦でも借金一本化できる?|夫に借金がバレる前になんとかしたい!
借金の件数が多いほど、返済は難しくなり、家族や周囲の人にもバレやすくなります。少しでも借り入れ件数を減らして、うまく処理したいですよね。 専業主婦でもおまとめローンは組めるのでしょうか?