なぜおまとめローン審査に通らない?

審査に落ちた男性

 おまとめローン審査に落ちて借金一本化に失敗する人の特徴をまとめました。
 審査に通らない理由は様々ありますが、大きくは3つに分かれます。もし、今から借金一本化を考えているなら、これらに該当しないかどうかチェックしておいてください。

 

  1. 借入件数が多すぎる
  2. 消費者金融で年収の1/3以上借りようとしている
  3. 債務整理歴がある

 

借入件数が多すぎる

  金融機関からの借入件数と借入金額が多すぎればおまとめローン審査には通りにくくなります。大抵、おまとめローンの審査が通るのは4社までです。
  5社目となると、中小のローンからも借りている場合があり、一本化しても返済が困難と判断される場合が多くなります。
  いくら低金利にまとめても元本が大き過ぎると、審査が難しくなるので、一般的にはおまとめローン審査を受ける際の借入上限は4件までというのが相場です。

 

消費者金融で年収の1/3以上借りようとしている

  消費者金融の場合は、総量規制という貸金業法に基づく法律があり、年収の1/3以上はおまとめローンであっても借りれないことになっています。
  それに比べてみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行のカードローンは、総量規制の対象外です。つまり、年収の1/3以上を超えても借りることができます。
  また、融資枠の上限が大きいのも特徴で、800万円〜1,000万円まで融資OKという銀行もあります。
  銀行系は消費者金融に比べて審査は易しくはありませんが、現在の借入額が大きいという人は、銀行カードローンでの一本化をするのがベターです。

 

債務整理歴がある

  任意整理、自己破産といった債務整理を経験している人はおまとめローンを組むことはできません。
  そもそも、自己破産経験があって、なおかつ今お金を借りているというのは、違法業者から借りている可能性もありますが、債務整理を経験していると、審査の対象にすらなりません。
 債務整理の種類にもよりますが、債務整理後5年〜10年は金融機関からは借入ができなくなります。
 また、債務整理の履歴はなくても、現在数ヶ月にわたって金融機関からの借入金を延滞中の場合もローン審査は非常に厳しくなります。

 

まとめ;審査の甘いおまとめローンを探すか、債務整理するか


 一度おまとめローン審査に落ちると、連続で申し込むことはできません。
 物理的には不可能ではありませんが、連続で複数の金融機関にローン審査を申し込むと、「申込ブラック」といって、借入可能かどうかの査定すらしてもらえなくなります。
 そのため、再度おまとめローンを検討するなら、最低でも1ヶ月は次の申込までに期間をあける必要があります。

 

 そんなに待てない!という人も多いでしょうから、その場合は、個人的に金策をするか、返済に不安を感じる場合は債務整理するほかありません。
 最低限の生活を送るという意味では、債務整理も悪く無い選択肢です。
 債務整理による生活上のデメリットは少ないので、自力返済に困った場合は検討してみましょう。

 

関連ページ

借金一本化は何件の借入から可能?いくらまでおまとめできる?
借金一本化希望するの場合の借入件数と借入金額についてまとめます。 借り過ぎの場合は、おまとめローンを希望しても返済能力が認められず審査に落ちてしまうこともあります。 何件までの借入、いくらまでの借入なら一本化が可能なのか、件数と金額について解説します。
審査が甘いおまとめローンはどこ?借金一本化に自信がない場合
借金一本化を検討するものの、おまとめローン審査に通過する自信がないという人は少なくないでしょう。おまとめローン審査自体、簡単ではないので、甘いところを探すのは難しいですが、より審査に通りやすい金融機関を探すことは可能です。
地元のサラ金でおまとめローン|中小消費者金融で借金一本化はあり?
中小の消費者金融で借金一本化を検討する際の注意点についてまとめます。 地元でのサラ金でおまとめローンをするメリットはあるのかどうか?その価値はあるのかについての解説です。
主婦でも借金一本化できる?|夫に借金がバレる前になんとかしたい!
借金の件数が多いほど、返済は難しくなり、家族や周囲の人にもバレやすくなります。少しでも借り入れ件数を減らして、うまく処理したいですよね。 専業主婦でもおまとめローンは組めるのでしょうか?